<style>
#yuki_logo{
text-align:center;font-size: 14px;color: #383434;
}
#yuki_logo p{
color: #383434;
}

</style>

Pocket


チーム用だけじゃない、日々のTodo管理や生活の記録、語学学習にSlackが使える!


 

チーム用コミュニケーションツールのSlackを使い始めてかれこれ2年ぐらい経っている気がするのですが、つい最近、わたし一人だけのグループをつくって(厳密にいえばグループじゃなく個人だけど)、日々のTodo管理やネタの管理、生活の記録などに使っていて、これがまたすごくいい感じなのです。

以下に具体的な使い道を書いてみます。

使い道1 – 食べたものや気分、睡眠時間の記録

最近、睡眠時間や起きた直後の気分、食べたものを細々とトラッキングしたいなあと思いはじめて、Slack上でその専用チャンネルをつくってみました。

食事の写真を撮って、スマホからiOSアプリ上でアップロードしてます。

スクリーンショット 2017-01-28 20.23.03

あと、私はMacBookAirを触っている時間が長いので、朝Macを開いたらまずSlackの個人グループにいき、睡眠時間と気分を書き込むようにしています。

一日を通して、気分の変化があったときや食事のあとにはその内容をすごく簡単に書き込んでいます。

そうすると、自分の気分の変化や睡眠時間と、前後の行動や食べたものとの関係性がもっと理解できるかなあと思いまして。行動のトラッキングアプリを使う代わりにSlackを使っているかんじです。

使い道2 – ブログや記事のネタ管理

ブログや記事のネタ管理にも活用しています。

基本的に気になる記事があった場合には、Pocketにどんどん保存するようにしているのですが、何の目的で保存しているかが明確ではないので、なんとなく記事が流れてしまう場合が多いんです。

「これはブログにしよう!」「これはあのメディア用に参考にしよう」という目的が明確な記事は、各ブログとネタ管理用につくったチャンネルにリンクを貼るようにしました。タイトルと記事の一部が表示されるので、見たときにも思い出しやすいです。

使い道3 – 語学学習。ボキャブラリーのストックに

私は日々言語を扱う仕事をしています。おもに英語。それからドイツ語も勉強中です。
なので、はじめて出会った表現や単語があった場合には、それぞれのチャンネルにメモしてます。辞書の結果をそのままコピペしたりもします。

あと、Slackは統合できるアプリも多いので、ドイツ語学習用に閲覧しているTwitterアカウントがそのまま流れるように設定もしてみました。たまに見て、音読したりしてます。

スクリーンショット 2017-01-28 20.36.56

使い道4 – Todo、タスク管理に

タスク管理にも活用しています。Todo管理は手帳のメモなどと併用していですが、Slack上にはあるタスクを終えられたら「Done:ーーー」と書いて、終わったことをその場ですぐに書き込んでます。手帳に書き込む前のTodo事項を「Todo:ーーー」と書くこともあります。
Doneが増えていくと気分が前向きになりますし、生産性への意識が高まります。

重要度が高いものは、星マークをつけたり、ピンして背景色を変えたり、太文字にすることもあります。
あと、タスクが終わったら、済んだマークのEmojiをつけて自分を楽しませることも。

Slackはフロー、Evernoteはストック

私はEvernoteも日々使っているのですが、Evernoteは何ヶ月先になっても見直したいものをメモして保存するために、Slackはここ数日の自分の流れや覚えたいもの、ネタを確認するために、と使い分けています。

いわば、Evernoteはストックしたい情報のために、Slackはフローの情報のためにという感じでしょうか。

以上、参考になりましたらうれしいです。

それでは! 🙂

sponsored link

Pocket










Comments are closed.

Back to Top ↑