Serial Foreigner

<style>
#yuki_logo{
text-align:center;font-size: 14px;color: #383434;
}
#yuki_logo p{
color: #383434;
}

</style>

Pocket


これは続けられそう… 語学学習ツール「Lingvist」で、ドイツ語を勉強中


 

エストニア発の語学学習ウェブアプリ「Lingvist」。
彼らの存在は1年以上前から知っていて、注目していたのですが、当時はドイツ語がまだ追加されていなかったので使い心地を試せていませんでした。

つい最近、ふとLingvistのサイトにアクセスしてみたら・・・学習言語にドイツ語が追加されていました!!

やったーーと思って、さっそく使い始めてみたのですが、なかなか良い感じです。

アカウントを作成し、学習言語を選んだら、学習者の簡単なレベルチェックが始まり、その後はそのレベルに合わせた練習問題が次々と出てきます。

こんな感じで、ブランクに単語を入力していきます。

スクリーンショット 2017-04-15 13.29.50

私は「英語でドイツ語を学ぶ」コースを選択しました。
問題の下に英語の訳が表示されるので、それに該当するドイツ語を入力します。
分からなければ、リターンキーを押すと正解が表示されるので、それに合わせて単語を入力。正解の単語が入力されたら、作文が音声で読まれれます(音声をオフにすることも可能)。

とてもシンプルなインターフェイスなので、解答に集中できます。
あと、下のプログレスバーに解いた問題数が表示されるので、達成感も得られます。
私は仕事の合間に気分転換に立ち上げて、100問解いて(15分ぐらいでできます)、また仕事に戻るというような感じで使ってます。

ちょっとしたゲーム感覚でできるのが楽しいです。

パソコンとネット環境さえあれば(スマホでもできます)、いつでも立ち上げて、前回の状態から始められるので、すごく簡単。

あと、自分で入力する、つまり書く力(アウトプット)を強化するというのは、語学スキルを向上させる上でとても効果があると思ってます。

創業ストーリーもなかなか素敵なのですよ。


日本語で学ぶ場合は、まだ英語しか学習言語がないようですが、これから学習言語も増えることも期待したいと思います。

今のところは無料で使えます。
いつか、なんらかの形でマネタイズするのでしょうが。そのあたりの事業開発プランも気になるところです!

それでは、今日はこの辺で! 🙂

<ドイツ語初心者には、こちらの参考書が超おすすめです>

// 関連記事

ドイツ語の基本を身につける際に、私が重宝した本と辞書

// よく読まれている記事

私が英語をがんばろうと思ったきっかけ、そしてやったこと。
「勝てる市場で勝負する」って本当に大事だと、ベルリンに来てから痛感した
内向型の私が、『内向型を強みにする』を読んで考えたこと

// 著者の紹介

佐藤ゆき: About Me


sponsored link

Pocket










Comments are closed.

Back to Top ↑