Serial Foreigner

<style>
#yuki_logo{
text-align:center;font-size: 14px;color: #383434;
}
#yuki_logo p{
color: #383434;
}

</style>

Pocket


執筆記事:ノルウェーで盛り上がるスタートアップシーン


 

s_nofence_-_4
オスロから南に100キロ離れた町のヤギ農家に取材しました。

今年の8月にノルウェーのオスロやベルゲン、スタヴァンゲルをまわって取材をしていました。
その内容をまとめた記事がいくつかアップされました。

・ 「石油産業の衰退」が新たな産業を生む。北欧に生まれた動画スタートアップのエコシステム「ビデオバレー」 | AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア
オスロはシリコンバレー、オースティンとともに「世界三大ビデオバレー」として、ビデオ関連のスタートアップが増加しています。インキュベータStartupLabで取材したHuddlyの事例を中心に、その背景をまとめました。

・ 「未来の放牧」はこれで決まり?ノルウェー生まれの"バーチャルフェンス"が畜産業を変える | AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア
ベルゲンの丘の頂では、「バーチャルフェンス」なるものでヤギが管理されていました。ヤギを放牧して景観をきれいにする、というのはかつてグーグル本社でも実践されていた方法です。開発元のNoFenceにインタビューした内容をまとめました。

ビデオ会議ツール「appear.in」開発チームから学ぶ、完全リモートワークを成功させる方法 | AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア
わたしもよく使っているビデオチャットアプリの appear.in のファウンダー・CEOのイングリッドさんにインタビューしました。appear.in はノルウェーの大手テレコムTelenorのハッカソンから生まれたスタートアップです。その創業ストーリーやチームづくり、リモートワークの活用方法など、紹介しています。

「違法な」アートが街や企業を惹きつける理由−−ストリートアートで活気付く欧州の街を巡る | AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア
今回ノルウェーを取材した中でなんども聞いたのが「石油産業の衰退」。それにともなって、テック産業に人材やお金が流れているわけです。一方、石油産業で栄えていた街はどうなるの? ということで、石油産業の街として栄えてきた南西部のスタヴァンゲルに行ってみました。この街は知る人ぞ知る「ストリートアートの街」。ストリートアートを活用して、街の変化を公共でシェアするという面白い取り組みをしています。

Pocket










Comments are closed.

Back to Top ↑