<style>
#yuki_logo{
text-align:center;font-size: 14px;color: #383434;
}
#yuki_logo p{
color: #383434;
}

</style>

Pocket


ベルリンでアパートの契約をしました


 

2cfdd2024c7b9386f9c7159827468e9a (1)

こんにちは、佐藤( yuki_sat)です。

久々のブログ更新になってしまいました。いろいろな締め切りに追われたり、ラトビアのスタートアップイベントに参加したり、などなどで慌ただしい数週間を過ごしていました。今日、ちょっと山が超えて一息ついています。今日はアパートの賃貸契約にサインしてきました。

以前、こちらのブログでも部屋探し奮闘記を書いてましたが、実はあのとき書いたフラットは結局3ヶ月で出ていきました。

というのも、初月は問題なく、むしろ仲良くやっていたフラットメートと徐々にすれ違いが出てきたので、フラットメートの関係をやめることにしたのです。当時のフラットの主要契約者(Hauptmieterin)は私ではなかったので、私がフラットを出ていくことになりました。

当初短期の予定だった賃貸契約が…

そんなわけで、WG(フラットシェア)はもうやめておこうと思った私は、一人で住める場所を探しました。
そうして探し始めたところラッキーなことに1週間で、当時住んでいたフラットから1kmほど離れたところで、Zwischenmiet(賃貸契約者が休暇や留学などで数週間〜数ヶ月アパートを空ける間に借りること)の一人暮らし用の部屋を見つけることができ、3ヶ月間のWG生活を終えて、近くのしかもさらに安い家賃の部屋に引っ越しました。

その一人暮らし用の部屋は、20代のドイツ人女性(Tさん)から借りる形になったのですが、彼女はちょうど仕事や拠点について色々模索している時期だったので、貸せる期間は最低で3ヶ月、最長で半年ぐらいになるだろうという話でした。

私はアパート契約のための書類をまだ準備していた時期だったので、とりあえず3ヶ月でも住める場所があればいいやと思って、その部屋を借りることになりました(Zwischenmietの場合、短期の契約なので必要になる書類が少なくなるケースが多いのです)。

こうして住み始めて3ヶ月目に突入したところ、Tさんから連絡がありました。
「私、やっぱり海外に移住することにしたわ。私の代わりに今のアパートを引き継がない?」と!

私はそれまで住んだ感じで、部屋のロケーションも環境も家賃も、すべてにおいて満足していたので「もちろん、引き継ぎたい!」と返事。
その後、不動産管理会社(Hausverwaltung)のアパートチェックが入ったあと、引き継げることが内定しました。

不動産管理会社のアパートチェック

不動産管理会社のアパートチェックはなにかというと、今のフラットは設備が古いタイプなので、賃貸契約者を切り替えるにあたってリノベーションが必要かどうかの確認が入ったのです。
幸い、Tさんは自分が入居したあとに、当時結構ひどい状態だったという壁やドアを自分で修復したりペンキを塗ったりして(さすがDIY精神にあふれるドイツ人!!)、とてもきれいな状態にしてくれていたのでした。
なので、管理会社の担当者も部屋の状態を見て「うん、問題ないわね」といい、そして私に対しては「日本人の方に貸せるのは嬉しいわ。きれい好きな方が多いもの」といってくださり、無事に引き継げることが決定しました。

Tさんは、私にベッドやソファなどの家具の一部を引き継いでもらいたいと思っていたので、彼女にとっても私が契約を引き継ぐことになるのはメリットが大きいのです(引き継ぎ人なしで退去する場合、アパートを空にしたり、穴を開けた壁を修復したりと結構な作業が必要になります)。

なので、管理会社の担当者が良い返事をしてくれて、その後アパートを立ち去ったあと、部屋に残った私とTさんは思わずハイタッチ!(笑)
「やったーーー!!」と喜び合いました。

その後、正式に賃貸契約をするために書類を揃えて、管理会社のオフィスに行き、賃貸契約書にサインをしてきました。

今回提出した書類

今回、不動産管理会社に提出した書類をメモしておきます。
ー 賃貸契約の申込書(管理会社オリジナルのもの)
ー パスポートのコピー
ー ビザのコピー
ー 以前借りていたアパートで家賃の滞納がなかったことを示す書類(Nachweis über Mietschuldenfreiheit)
ー ドイツにおける債務履歴(Schufa-Auskunft)
ー 過去半年の収入証明(税理士に作成していただく)
ー 英語の履歴書(求められなかったけれども、自分のことを知ってもらうため)
ー 住民登録書のコピー

書類の不備があったらどうしよう、と内心ひやひやしながら管理会社のオフィスを訪問したのですが、既に私のサインをまっている賃貸契約書が机に用意されており、提出書類はざっとチェックされるのみに終わり、契約はかなりスムーズに終わりました。

ーーー

そんなわけで、無事にアパートの契約も終了し、とてもほっとしています。
これで、仕事や旅などやりたいことにもっとエネルギーを注ぎこむことができるようになります。
そして、自分の住まいを形づくっていけることにとてもワクワクしている自分がいます。
壁に棚をくっつけたり、お気に入りの家具を揃えるなどして、自分にとって最高に居心地の良い空間をつくっていきたいと思います。

Happy home 🙂

sponsored link

Pocket


, ,









Comments are closed.

Back to Top ↑