Serial Foreigner

<style>
#yuki_logo{
text-align:center;font-size: 14px;color: #383434;
}
#yuki_logo p{
color: #383434;
}

</style>

Pocket


ベルリンのハイヤー予約スタートアップ「Blacklane」とは? インターンの大木慧さんにインタビュー


 

こんにちは、佐藤( yuki_sat)です。

みなさんはスマホのアプリでタクシーやハイヤーを呼んだことはありますか? スタートアップシーンで評価額がうなぎのぼりで注目されるUberや競合のLyftなど、この業界での競争は日に日に激しくなっています。このアツい業界で、ベルリンを拠点に事業を展開しているのが「Blacklane」。実は先日、オフィスにお邪魔する機会がありましたので、今回はBlacklaneについてご紹介したいと思います。

Blacklaneとは?

最初に簡単に説明しておきますと、Blacklaneは現在50カ国186都市で展開するハイヤー予約サービス。事前にオンラインやアプリでハイヤーを予約しておくと、指定した時間と場所にドライバーがきてピックアップしてくれる仕組みになっています。現在はベルリンやパリ、ニューヨーク、ロサンゼルスといった先進国の大都市から中東やアジアの都市でもサービスを展開中。日本では、2013年に東京でサービスを開始しています。

さて、先月某日、現在Blacklaneのマーケティング部門でインターンシップをされている大木慧さんにオフィスをご案内してもらいました。そして、Blacklaneのサービスについても色々伺ってみました!

blacklane - 4
今回オフィスをご案内いただいた、Blacklaneの大木慧さん

佐藤:今日はすてきなオフィスをご案内いただき、ありがとうございます。Blacklane、世界186都市でサービス展開とはすごいですね! 東京でもサービスを提供しているとは知りませんでした…。ちなみに、東京ではどのようなお客さんが多いんですか?

大木さん(以下敬称略):東京では、外国人のお客様が多いですね。羽田・成田空港でピックアップをして、ホテルまでお送りするケースとまたその逆のパターンが一番多いです。

佐藤:成田から都心だと結構距離もありますし、料金もかかりそうですね。お客さんはエグゼクティブ層が中心というかんじ?

大木:そうですね、エグゼクティブの方が中心になります。弊社では法人契約のお客様の方が個人契約の方よりも多く、そうした法人のお客様のエグゼクティブクラスの方に使っていただくことが多いです。

佐藤:なるほど〜。ちなみに今はUberなどの配車アプリの人気が向上しつつありますが、Uberとの違いはなんですか?

大木:Uberは個人の車をサービスに使えますが、Blacklaneは提携する会社の指定された車しか使いません。たとえば、東京ですと大手認可タクシー会社などの事業者と提携していまして、そうした提携先の車を使っています。また車種はビジネスクラス、ビジネスバン(5人乗り)、ファーストクラスの3種に分かれていまして、ロゴの入っていない黒い車になります。

佐藤:高級感たっぷり、ということですね! あと、現地の法規制に則って運営しているというのがポイントなんですかね。

大木:はい。あとは24時間のカスタマーサービスを提供していますので、なにかトラブルがあっても24時間体制ですぐに対応できます!

佐藤:24時間体制とはすごいですね〜。とはいえ、私はエグゼクティブでもないですし、こういうハイヤーサービスを使ったことがないのであまり利用シーンの実感がわかないのですが、エグゼクティブ層以外で使うメリットってあります?

大木:そうですね。たとえばインドに初めて出張するけれども、現地の交通手段のことがよく分からない場合などに事前に予約しておけば、飛行機を降りれたらすぐにドライバーが待っているので安心してホテルまで行けます。現地の交通事情がよく分からない場所に出張に行くときなどには便利ですよ。

佐藤:確かにインドとか初めて行く国ではなにかと不安も多いですしね。使ってみたいと思わされますね。

ところで、グローバル展開されているとのことですが、日本国内の事業展開については今後なにか予定はあるのですか?

大木:はい、今年中には日本語サイトをオープンし、日本語でもカスタマーサービスを提供することを目指しています。

佐藤:おお、そうなんですね! ということは、日本人スタッフも採用中ですか?

大木:はい! 現在Blacklaneではカスタマーサービスの経験があり、日本語と英語が堪能な方を募集しています。職種は「Cutomer Happiness Officer」です。

佐藤:「Cutomer Happiness Officer」! 素敵な職種名ですね。勤務はベルリンですか?

大木:はい、ベルリンですよ〜。

佐藤:いいですね。すごく素敵なオフィスですし、私もこんなオフィスで働いてみたいです。

大木:はい、ぜひカスタマーサービスの経験があって、英語・日本語が得意な方は応募していただければと思います!

佐藤:じゃ、その旨ブログでも書いておきますね!(笑) 大木さん、お話を聞かせていただきありがとうございました!

✳︎ ✳︎ ✳︎

これ以外にも色々と談笑しながら、あっという間に楽しいインタビューは終了。すべてを書ききれなくてごめんなさい(汗)。

さて、インタビュー最後の話題に出てきた採用の件ですが、Blacklaneでのカスタマーサポートの仕事にご興味をもたれた方は、ぜひこちらのページから応募してみてください!

そのほか、大木さんがBlacklaneでインターンとして仕事を始めるまでの経緯などについても伺い、ついつい居心地の良いオフィスで長居をさせていただきました。インターンに応募された経緯などについては、ベルリン在住ライターのWasabiさんがこちらの記事でも紹介しています。ベルリンのスタートアップで仕事をすることに興味のある方にはとっても参考になる内容ですので、ぜひご一読のほど。

あと、最後にオフィスの様子もちらりと……。

blacklane - 1
白と黒がポイントに使われている、洗練されたオフィス。新拠点に移転したばかりとのことで、とってもキレイでした。

blacklane - 3
こちらは大木さんが所属するマーケティング部のお部屋。ナチュラルで癒される空間!

blacklane - 2
オープンなミーティングスペース。

大木さん、お忙しい中、楽しいオフィス訪問をアレンジいただきありがとうございました!

Thank you for a fun offce-tour! 🙂

sponsored link

Pocket


, ,









Comments are closed.

Back to Top ↑